Young beautiful girl in white dress

お水の王道

pretty girl smile

キャバクラは、女の子が働く水商売の中でもメジャーなお店です。基本的に性的なサービスは禁止されていて、女の子に触ると怒られてしまいます。その一線を守っていることもあってか、女の子のための求人でもキャバクラは人気を誇っています。

キャバクラはセクシー系のサービスがないため、何といっても接客が売りであり勝負でもあります。スタイルがよくてかわいい子ならなおよしですが、それ以上にお客さんを楽しくトークで盛り上げたりとか、仕事に疲れたお客さんを癒すようなおしゃべりをしたりとかといった面がこの仕事の腕の見せ所となっています。

また、お酒を飲むにしてもただぼーっと飲んでいるだけではだめで、お客さんがより快適に、手を煩わせることなくすんなりお酒を楽しめるように、お客さんのペースに合わせてさりげなくお酒を作ったり、おしゃべりをしながらすっとライターを差し出したり、目立たないけれど嬉しいサービスを随所にちりばめるスキルが求められます。

このようにして、お客さんにいかに快適に楽しくなってもらうかがカギであり、そのサービスレベルでお客さんを取れるかどうかが決まります。

セクキャバとは少し違う売り方というわけです。

どちらが合ってる?

girl surprised

セクキャバとキャバクラの仕事にはいくつか違いがあり、それぞれに厳しいものです。その厳しさに関してもまた質の違うもので、これには向き不向きもあるようです。例えば、一般の仕事でも大人しい女の子が居酒屋で大声で接客しろと言われても無理があるのと同じです。

キャバクラは接客とトークセンス、細やかな気遣いなどが求められる仕事です。求人広告にも「おしゃべりが好きならOK」といった文言をよく見かけます。つまり、しゃべりが立ってそれを楽しいと思うことができたらキャバクラに適しているといってもいいわけです。気遣いなど他の接客スキルは入店してから先輩などにいろいろ教えてもらうこともできますから、まずトークに長けていることは条件になるでしょう。

一方、そのようなトークにはいまいち自信がなくて、ただ体は張れるといった場合は、セクキャバ向きです。セクキャバはお触りタイムの方が多くなるため、あまり頑張ってしゃべる必要がありません。でもタッチは別にOKという強い心を持っていれば、セクキャバの方がうまくいく確率は高いかもしれません。

自分の性格に合った仕事は、女の子求人でも探すことができます。頑張って比較して、どちらなら楽しく働けそうかよく考えて選んでみてください。

収入の違い

girl with beautiful eyes

セクキャバとキャバクラでは、その給料はいかほどのものかというのは気になる点の1つです。むしろ、その内容の方が比較しやすいこともあるわけですから、ここを外すわけにはいきません。

まず、この2つはいずれも基本は時給制のところがほとんどです。これが売れっ子になると時給が上がったり、また指名1件ごとにいくらという計算をするところもあります。また、同伴出勤なども指名とは別にそれなりの上乗せはあるようです。

それを踏まえて仕事内容を見てみると、お触りOKかなしかという点においては、当然OKの方が報酬が高くなります。したがって、指名客なしの状態の基本給はセクキャバに軍配が上がります。しかし、指名料・同伴のほかに、ボトルキープ他のドリンク売り上げなど、キャバクラの方が営業で得るインセンティブはやはり多めです。

この点から考えると、基本はセクキャバ、売れればキャバクラと考えることもできます。売れっ子のキャバ嬢とそこそこのセクキャバ嬢ではといったような比較は非常にしにくいため何とも言えませんが、求人を見る際にも稼ぎ方をよく考えてから応募に踏み切るのがよさそうです。

どっちを選ぶ?

girl with red hair

地元でお金を稼ぐなら埼玉のキャバクラ求人で時給が高くて働きやすいお店を探してみてはいかがでしょうか。

川崎エリアでメイドカフェのバイトをするのでしたらスタッフ大募集中となるこのお店を覗いてみましょう!

お水系で働きたい女の子はたくさんいます。でも、女の子のための求人があふれかえっている中で、いったいどの仕事を選べばよいんだろうというのは悩みどころの1つでもあります。その中でも、セクキャバとキャバクラについて比較をしていきます。

セクキャバは、お酒を飲みながら女の子の胸を触ったりキスしたりといったタッチのサービスが基本のお店。一方キャバクラはお酒を飲んでいる中で楽しくおしゃべりをしたり、お客さんを楽しませたりする接客サービスが基本のお店となります。つまり、大雑把に言うとお触りかおしゃべりかといった違いになります。

セクキャバで働くなら、タッチされても大丈夫な女の子の求人が出されますし、キャバクラならお客さんへの気遣いがよくできる子を求人に求めます。このように分ければ、求人を探している女の子がどちらが自分に合っているかを考えるきっかけにもなりそうです。

どちらも頑張ればその分稼げる仕事ですが、いいことばかりではありません。セクキャバは他のたくさんのお客さんの前で脱ぐことを考えなくてはなりませんし、キャバクラはお触りがない分いかに接客でお客さんの心を掴むかが勝負になります。

ただ女の子なだけではどちらもうまくいきませんが、コツと勇気、またおもてなしの心があれば売れっ子になる可能性も十分にあります。では、セクキャバとキャバクラどちらを選ぶか、その内容を探っていきましょう。